• HOME
  • BLOG
  • 療育手帳
  • 療育手帳(愛の手帳)とは?まずは簡単に理解しておこう【発達障害・自閉症スペクトラム障害】

療育手帳(愛の手帳)とは?まずは簡単に理解しておこう【発達障害・自閉症スペクトラム障害】

療育手帳という言葉自体を知ったのは申請する少し前の事です。

その後、申請方法を知り、療育手帳の役割や意味を少しずつ理解していきました。

まだ療育手帳を取得していない方、これからの方、そもそも「何それ?」という方に向けて簡単にお話したいと思います。

療育手帳とは

https://angels-heart.tokyo/wp-content/uploads/2020/02/ポイント風.jpg

知的障碍者に都道府県が発行する障害者手帳の事です。

療育手帳制度は各自治体独自の施策となっています。

手帳の目的

知的障害児や障碍者に対して、一貫した指導や相談などが行われ、各種の援助措置を受けやすくすることにあります。

スポンサード サーチ

対象年齢

全年齢が対象になりますが、18未満は児童相談所18歳以上は知的障害更生相談所が判定を行います。

知的障害者に対する援助措置(Wikipediaより)

  1. 特別児童扶養手当
  2. 心身障害者扶養共済
  3. 国税、地方税の諸控除及び減免税
  4. 公営住宅の優先入居
  5. NHK受信料免除
  6. 高速道路の料金割引
  7. 旅客鉄道株式会社(JR)の旅客運賃や料金の割引
  8. 航空会社の日本国内線の航空運賃割
  9. 生活福祉資金の貸付
  10. NTT番号案内料金無料
  11. 携帯電話使用料の割引
  12. 公共施設の利用料割引

これは各自治体により対象者やサービス内容は異なるため、お住まいの地域の福祉窓口で相談することをお勧めします。

スポンサード サーチ

総合判定について

知能測定や基本的生活習慣、問題行動などを総合的に判断し、重度「A」中等度「B」に分けられます。

そして、障害の程度により、1度から4度に区分されます。(東京都の場合)

自閉症の取り扱いには、知的障害を伴った低機能自閉症A判定またはA1・A2の登録が多いと言います。

また他人に噛みついたり、急に道へ飛び出したり、自傷行為やパニックなどの特徴が多いところから判定されると言います。

手帳の名称について

法律で定められた制度はありません。
都道府県の独自の発行なので、「療育手帳」という呼び名以外の名前を付けているところもあります。

青森県・・「愛護の手帳」
東京都・・「愛の手帳」
さいたま市・・「みどりの手帳」
横浜市・・「愛の手帳」
名古屋市・・「愛護手帳」

このように名前を少し変えている県や市もあるようですが、「愛」という字を使った手帳が多いです。

スポンサード サーチ

まとめ

療育手帳について簡単に理解したところで、次は一つひとつ詳しく深く理解していこうと思います。
手帳をもらうための判定も中等度以上でないともらえない事にも驚きです。
ギリギリ軽度に入ると言われても、日常生活が一人では困難な方もいると思います。

援助の範囲を下げてでも軽度の方であっても配慮が欲しいものだと感じます。

フリーランスで働く主婦が発信するブログです。 「子育ても、趣味も、仕事もEnjoy Life!」を コンセプトに様々な役立ち情報を発信しています。

関連記事