• HOME
  • BLOG
  • 療育手帳
  • 天使ちゃん(自閉症)の療育手帳発行のための、判定テストを受けてきました。

天使ちゃん(自閉症)の療育手帳発行のための、判定テストを受けてきました。

https://angels-heart.tokyo/wp-content/uploads/2020/03/考える風a.jpg

天使ちゃんの療育手帳発行にあたり、程度の判定テストを受けてきました。
申請を出してからとても長かったので、やっとこの日がやってきたというのもありました。

判定テストについて

判定テストは、臨床心理士さんによる、新版K式発達検査です。

以前も保健センターで受けた事があるのですが、その時より変わっている可能性も十分にありました。

それは、それまでに療育をスタートさせていたからです。

まだ1・2か月くらいの療育期間でしたが、天使ちゃんは少しずつ出来る事が増えました。

例えば階段の昇降だったり、簡単な型はめ、積み木を積み重ねるなど、療育で練習してきました。

今回は、それらはクリアできました。

横で見ていた私も感動でした。

天使ちゃんが判定テストを受けている間に、私は別の心理士さんから、天使ちゃんに日常について色々質問されました

好きな遊びやこだわり、癇癪の有無や回数、生活面や保育園での様子など、結構細かく聞き取りがありました。私は以前から天使ちゃんの事の癖や日常の様子、こだわりや毎日のルーティーンなど、日々書き留めているものがあるので、それを印刷して持っていったので、聞き取りもスムーズに終わりました。

判定結果

テストが終わって20分ほど部屋で天使ちゃんと待っていると、結果が出たとの事で、説明を聞きました。

結果は、ア発達年齢1歳4か月(当時2歳8か月)。程度は、中度から重度でした。

これを踏まえて最後に、ドクターの診断を持って、手帳の程度が確定するとの事です。

どちらかになるのは間違いないと心理士の先生に言われました。

スポンサード サーチ

判定を聞いた時の気持ちについて

判定を聞かされて、やっぱり・・・という気持ちもありましたが、どこかで動揺している自分もいたように思います。

自分の子がまさか重度よりの自閉症なんて、簡単には受け入れれません。

https://angels-heart.tokyo/wp-content/uploads/2020/03/考える風a.jpg

でも、心理士の先生は「天使ちゃんは、これから十分に伸びしろもあるので、この結果は変わる可能性も十分にある。」と言ってくれました。


その言葉がなによりの救いでした。

手帳発行日

手帳発行は最後にドクターの診察を受けて、その日が発行日となると教えて頂きました。

なので、まだ発行はされていないのですが、発行される事は確定しました。

スポンサード サーチ

まとめ

手帳を頂いたからには、今以上に療育も受けやすくなると思います。

また、色々なサービスを利用して、色々な場所へも出かけたいなとも思います。

天使ちゃんが私のもとにやってきた事には意味があります。

それにちゃんと応えてあげるのが私の役目だと思います。

https://angels-heart.tokyo/wp-content/uploads/2020/03/考える風a.jpg

家族みんなで楽しく、ハッピーな日々を今以上にしたいと思います。

フリーランスで働く主婦が発信するブログです。 「子育ても、趣味も、仕事もEnjoy Life!」を コンセプトに様々な役立ち情報を発信しています。

関連記事