天使ちゃんが夢中になれるものとは?才能が開花したもの!(自閉症2歳半)

先生にはっきり「自閉症」ですと言われて、スッキリしたとは思うのですが、どこか胸がザワザワしています。

まだどこかで認めたくない自分がいるのかもしれないです。

その気持ちも少し残りつつ、先生に言われた事を少しずつ実践していこうと思います。

先生に言われた事

・天使ちゃんが世の中を「いい世界」と思えるようにする

・今の時期は圧をかけるような躾や訓練はしない

・毎日が「楽しい」と思えるように暮らしてあげる

・集団行動の練習をする

・友達と遊べるようにする

・天使ちゃんが夢中になれるもの、出来る事を1個でも増やす

天使ちゃんが今出来る事

 

保育園でも様々な努力をして下さり、今では出来る事がとても増えました。

まず自分のオムツをゴミ箱に捨てれるようになりました。

自分のタオルを掛けれるようになりまた。

少し真似が出来るようになりました。

絵本をじっと聞けるようになりました。

一緒に喜ぶと少し笑うようになりました。

どれも無理だろうと思っていた事が出来るようになりました。

天使ちゃんの可能性を信じて、先生方も努力して下さり、他の子よりは何十倍も遅いですが、出来る事が確実に増えています。

天使ちゃんの可能性・・これを一番信じてあげれなかった私が情けないです。

次は何が出来るようになるのだろう!そんな楽しみな毎日を過ごせるようになりました。

スポンサード サーチ

今夢中になっている事

 

 

それは絵を描く事です。

家ではクレヨンを持たせるだけで色々な場所に描くので、画用紙もなければクレヨンもしまい込んでいました。

 

それでは天使ちゃんの才能を閉じ込める事になるので、家庭で天使ちゃんが自由に描いてもいい場所を用意出来ないか考えてみました。

早速家でも絵を描けるスペース作り!

天使ちゃんが夢中になれるものは伸ばしてあげよう!という事になり、家にも大きな紙に絵が描けるように設置しました。

ダイソーに売っている一番大きいコルクボードに、ダイソーに売っている大きな用紙を押しピンで張り付けた簡単なものです。

天使ちゃんは保育園から帰ってくるなり、一目散に発見して、絵を描き始めました。

困るのは、書き始めると終わりが無い事です。

私たちがどうにか誘導しているのですが、これも日々の生活で、切り替えができるように誘導していく必要があるのかなと感じています。

スポンサード サーチ

まとめ

先生にも言われたのすが、自閉症の子は絵を描く事が好きな子が多いそうです。

天使ちゃんもまさにこれに当てはまるのかもしれないです。

今まで家が汚れる事を懸念して、描かせていなかった自分を責めたいです・・・

天使ちゃんの夢中を遮断させていたわけです。

これからは天使ちゃんがのびのび出来る事や楽しい事をどんどん積極的に一緒にしていこうと思います。

フリーランスで働く主婦が発信するブログです。 「子育ても、趣味も、仕事もEnjoy Life!」を コンセプトに様々な役立ち情報を発信しています。

関連記事